VOCALOG

PUNCH ME HEAVEN / マェロP

PUNCH ME HEAVEN / マェロPの歌詞

くだんねえテレビ付けたまんまで夜が明けてて
「今日も良い天気です。」なんて女がにやけた
張り付いたモノと匂いを風呂場で捨てる
六畳一間 泳ぐ魚
あなたの餌を待った

ただ嬉しくて くしゃくしゃになった髪はそのままに
喉の奥で疼く感情

反抗衝動 背徳感も追い越してく 10代の恋よ
暗くて狭い あたしの世界
あなたしかいない
わかってんだって 愛なんだって 腫れた瞼押さえ
今日もあなたにすがる
お願いもっと PUNCH ME HEAVEN

生まれたときに授かったデキモノ背負って
互いの傷を舐めあって 満たされたふりして
長いレールが敷き詰められていた世界を
走り続けた でもいいんだ
あなたに出会えたから

ただそばにいて 不安も痛みもないこの部屋の中
今日も寄り添って目を閉じる

安定はいらない 安全地帯なんてつまんない 10代の恋よ
暗くて狭いあたしの世界
あなただけでいい
わかってんだって「愛情表現」いろんな形があんです
口に出さずとも 伝わる想い「愛してる。」

ただ吸って吐いてを繰り返す
中身のない生き物が行き交う
「愛だ。」「恋だ。」腰振れ猿の群れ
悦に浸りきった生臭いその声

電光石火のように時が過ぎ去った 10代の恋よ
暗くて狭いあたしの未来 あなたがいればいい
反抗衝動 背徳感も飲み込んだあたしの想いよ
今日もあなたに手を伸ばす

わかってんだって もういいんだって
ただそばにいさせて
あなた無しじゃ生きれない
お願いもっと PUNCH ME HEAVEN

PUNCH ME HEAVEN / マェロPにコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!