VOCALOG

seventeen / すこっぷ

seventeen / すこっぷの歌詞

教室の窓側の席 片ひじついてぼんやりと
空にあなたとあたし 描く二時間目

あなたのこと考えてたら どんなにつまんない授業も
時計はくるくると 回って四時間目

ノートにあなたの名前 書いてみては恥ずかしくなって消して
汚れて落ち込んで

好きだよあたしこんなにも
他に何も手につかないくらい
あなたの嬉しそうな顔
そのために生きてるの

痛い子に見えないように 誰にも言わずこっそりと
手帳にのろけ話 書いてる五時間目

お願いこれ以上はあたしの心くすぐらないでよ
幸せすぎて苦しい

とりとめのない話を いつまでもしていたいのあなたと
くだらないこともいちいちさ おおげさに笑って

髪がうまくまとまんなかったり
体重が少し増えてたり
そんなこと気にするのも
あなたのせいだよ

けれどあなたがそんな時は
気にしなくてもいいよ そう言うと
少し照れながら髪を撫でてくれるからあたしは
あなたの前では強がらないってそう決めたんだ

生きる事に目標とかいるなら
あたしはこれからもずっと
あなたのことを好きでいることをそれにするよ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!