VOCALOG

Toys / mato feat. 初音ミク

Toys / mato feat. 初音ミク の歌詞

いつか見せてくれた朝焼けの
片隅で消えていく星屑
瞳に焼きつくその色は淡く

たちまち消えてく幻は
手を伸ばしても届かなくて
僕にはとても眩しすぎる光

ねぇ かくれんぼしよう
顔を上げて
どうか届いて僕の言葉

怖い夜ならそばにいてあげるから
星をたくさん空に散りばめるから
ねぇ笑って

少し悲しそうな顔で
僕の頭を撫でてくれた
あの時何を考えていたの

この胸に僕にも心臓があったなら
抱き寄せて君の分も泣けるのに

瞼閉じればほらそこに観覧車
星を並べて君を照らす

怖い夜ならそばにいてあげるから
僕と居るのが辛いなら消えるから
だから泣かないで

Toys / mato feat. 初音ミク にコメント

「Toys」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!