VOCALOG

winter's night / perbit feat. 初音ミク

winter's night / perbit feat. 初音ミク の歌詞

季節は巡って星空 一段と輝き
遠くの喧噪が素敵なメロディに変わるよ

帰り道 街の風景に色合い増す
一面がいつもと違う街になった

短い秋の匂い 消えた時
見上げた空
寂しくなんかないよ
君がいてくれるから

夜の隙間を拭って
雪が髪撫でる
普段と違う
不思議で懐かしい感覚に

はしゃいで遊んだ雪の日
冷たい指先も
気に留めることはなかった
冬が好きだったから
 
白い息 夜が更ける
マフラー 強く巻き直す
寒いけど 気にならない
君がいるから

季節は巡って星空 一段と輝き
遠くの喧噪が素敵なメロディに変わるよ
クリスマスまであと少し 雪は積もるのかな
夜空見上げて 優しく囁いた

雲の切れ目 星が瞬く夜空に
願いかけて

winter's night / perbit feat. 初音ミク にコメント

「winter's night」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!