VOCALOG

WORLD’S END UMBRELLA / ハチ

WORLD’S END UMBRELLA / ハチの歌詞

あの傘が騙した日 空が泣いていた
街は盲目で 疑わない
君はその傘に 向けて唾を吐き
雨に沈んでく サイレンと

誰の声も聞かずに 彼は雨を掴み
私の手をとりあの傘へ 走るの

二人きりの約束をした
「絵本の中に見つけた空を見に行こう」
刹那 雨さえも引き裂いて
もう 悲しむ事も 忘れたまま

崩れ出し 何処へ行く 螺旋階段は
煤けて響いた 滴り雨
泣きそうな私を そっと慰める様に
君は優しく 私の手を

白い影に追われて 逃げた先に檻の群
理由を探す暇も無く 気も無く

震えた手を 君が支えて
私はそんな背中を ただ見守るの
闇に溶けた 歯車は笑う
ホラ 微かに風が 頬を撫でる

白い影はもう追ってこなくて
とても悲しそうに消えた
錆びた匂いも煤けた黒さえも
やがて色を淡く変え
何処からか声が聞こえた様な
気がした様な 忘れた様な
螺旋階段の突き当たりには
とても小さな扉が
埃を纏い待っていた

そこには 何もかもがある様に見えた
色とりどりに咲いた花 深い青空
滲んだ世界に二人きり
もう 何もいらないわ

絵本の中 とじ込んだ空を
在るべき場所に返した 忘れない様に
君がくれた 拙い花束を
笑いながら そっと 肩を寄せた

世界の最後に傘を差す
ずっとこんな世界ならば よかったのに
悲しくないわ 君の側で…

花の咲いたその傘の上には
とても幸せそうな顔で
小さく眠る二人がいた

WORLD’S END UMBRELLA / ハチにコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!