VOCALOG

利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、エンエンラ(以下「甲」といいます。)が「ボカログ」の名称でまたはこれらに関連して提供するウェブサイト、ソフトウェア、アプリケーション、プロダクト、ドキュメントその他一切の製品およびサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を利用者と甲との間で定めるものです。

第1条(規約への同意)

  1. 利用者は、本サービスを、関係法令等を遵守し、いかなる権利者の権利も侵害しない態様で、利用することを約するものとし、本規約の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。利用者は、本規約に有効かつ取消不能な同意をしないかぎり本サービスを利用できません。
  2. 利用者が未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意を得たうえで本サービスを利用してください。
  3. 利用者は、本サービスを実際に利用することによって本規約に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。

第2条(個人情報の取扱い)

  1. 甲は、お問い合わせ時に、本サービスに必要な利用者の氏名およびメールアドレスを取得し、お問い合わせ頂いた内容に対するご返答を目的として利用させて頂きます。また、取得した情報は、「個人情報保護に関する法律」、その他関係法令、本規約および、甲のプライバシーポリシーに従い適切に取扱うものとします。
  2. 甲は、原則として、ユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報等を開示または提供することはありません。ただし、以下の場合にはその限りではございません。
    1. 法令に基づく場合
    2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要があって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  3. 甲は、本サービスを提供するために必要な範囲で個人情報等の取扱いを含む業務を委託先に業務委託する場合がございます。

  4. 甲が本サービスにおいて取得し、且つ保有する情報に関する利用目的の通知、開示、訂正等、利用停止等および第三者提供停止に関するお問い合わせにつきましては、下記ご相談窓口までご連絡いただくことにより合理的な範囲で速やかに対応します。ただし、以下の場合にはその限りではございません。

    1. 当該情報の存否が明らかになることによって、ご本人または第三者の生命、身体または財産に危害が及ぶおそれのあるもの
    2. 当該情報の存否が明らかになることによって、違法または不当な行為を助長し、または誘発するおそれのあるもの
    3. 当該情報の存否が明らかになることによって、国の安全が害されるおそれ、他国もしくは国際機関との信頼関係が損なわれるおそれまたは他国もしくは国際機関との交渉上不利益を被るおそれのあるもの
    4. 当該情報の存否が明らかになることによって、犯罪の予防、鎮圧または捜査その他の公共の安全と秩序維持に支障が及ぶおそれのあるもの
    5. ご入力いただく項目の中で必須項目に漏れがある場合は、甲の適切なサービスを受けられない場合がございます。

個人情報の取扱いに関する問い合わせ窓口

第3条(その他の情報の取扱い)

  1. 利用者は、本サービスの利用に際して利用者ご本人に関する情報を甲に対して提供する場合、真実、正確かつ完全な情報を提供しなければなりません。
  2. 利用者は、本サービスの利用に際して利用するアカウント情報を不正に利用されないよう自らの責任で厳重に管理しなければなりません。甲は、当該アカウント情報を利用して行なわれた一切の行為を、利用者ご本人の行為とみなすことができます。
  3. 本サービスのご利用に際してお客様の端末から取得する情報については、別紙「本サービスでの端末情報の取得について」に従います。

第4条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用に際して、以下に記載することを行なってはならず、また、以下の記載事項をおこなわないことを保証します。

  1. 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為。
  2. 公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為(過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を投稿、掲載、公開、送信する行為などを含みます。)。
  3. 甲または第三者の権利(著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、肖像権、その他法令上または契約上の権利を広く含みます。)を侵害する行為。
  4. 甲または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為。
  5. 甲の事前の同意を得ずに営利を目的として本サービスを利用する行為、異性との出会い、交際等を希望することが主な目的と認められる行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為。
  6. 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為。
  7. 宗教活動または宗教団体への勧誘行為。
  8. 許諾なく第三者の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを収集、開示または提供する行為。
  9. 甲による本サービスの運営または他の利用者による本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為。
  10. 上記(1)から(9)のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為。
  11. その他、甲が不適当と判断した行為。

第5条(コンテンツの取扱い)

  1. 本規約において、「コンテンツ」とは、文章、音楽、画像、動画、プログラム、コードその他の情報のことをいい、「本コンテンツ」とは、本サービスを通じてアクセスすることができるコンテンツのことをいい、「投稿コンテンツ」とは、利用者が本サービスに投稿、送信、アップロードするなどして甲の管理するサーバに保存させたコンテンツのことをいい、「公開投稿コンテンツ」とは、本サービスにおいて、他の利用者一般による閲覧またはアクセスが可能な投稿コンテンツのことをいいます。
  2. 利用者は、コンテンツを投稿する際には、本規約第4条に定める禁止事項が含まれていないかを十分に確認するとともに、投稿コンテンツに自己以外の第三者の権利が含まれる場合、事前に個別に権利者の許諾を得るか、権利者があらかじめ転載を許諾していることを確認の上、自己の責任をもって、権利者の許諾の範囲内・許諾する態様で、本サービスを利用するものとします。
  3. 利用者は、甲または正当な権利者が、利用者のために、投稿可能として提供するコンテンツ以外の、利用者が制作した投稿コンテンツに関しては、公開投稿コンテンツを含むすべての投稿コンテンツに対して有する権利を従前どおり保持し、甲がかかる権利を取得することはありません。ただし、利用者は、利用者が権利を保持する公開投稿コンテンツに関して、本サービスの利用により、甲に対し、公開投稿コンテンツを利用する権利(営利目的の有無を問わず、複製、上演、演奏、上映、公衆送信、公衆伝達、口述、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、(甲が事業目的上必要とみなす範囲で)改変する権利を含みます。また、これらの権利を第三者に再許諾する権利を含みます。)を無償でかつ無期限に、地域の限定なく許諾したこととなり、甲はかかる利用権を取得します。この場合、利用者は、公開投稿コンテンツに関する著作者人格権を甲または甲の指定する第三者による上記範囲での利用に対して行使しないことにも同意したこととなります。
  4. 利用者は、本コンテンツを、本サービスが当然に予定している利用態様を超えて利用(複製、送信、転載、改変などの行為を含みます。)してはなりません。ただし、甲および本コンテンツの権利者から事前の承諾を受けた場合はこの限りではありません。
  5. 甲は、法令または本規約の遵守状況などを確認する必要がある場合、投稿コンテンツの内容を確認することができます。ただし、甲はかかる確認を行なう義務を負うものではありません。
  6. 甲は、利用者が投稿コンテンツなどに関し法令もしくは本規約に違反しまたは違反するおそれのあると甲が認めた場合、その他業務上の必要性がある場合には、あらかじめ利用者に通知することなく、甲の管理するサーバから投稿コンテンツの全部または一部を削除、改変するなどの方法により、本サービスまたは投稿コンテンツを利用できないようにすることができます。そのため、利用者は常に投稿コンテンツのバックアップを作成しておくことが推奨されます。
  7. 甲は、利用者に対して、他の利用者が投稿した投稿コンテンツを削除する権限を付与することがあります。かかる権限を付与された利用者は、投稿コンテンツが本規約の禁止事項に抵触する場合又は正当な理由がある場合に限り、自己の責任においてかかる権限を行使するものとし、かかる権限を濫用してはなりません。

第6条(甲に対する補償)

利用者は、利用者が法令または本規約に違反して本サービスを利用したことに起因して(かかる趣旨のクレームを第三者より甲が受けた場合を含みます。)、甲が直接的もしくは間接的に何らかの損害、損失または費用負担(甲が第三者に対し損害を賠償した場合の賠償金や弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合、甲の請求にしたがって直ちにこれを賠償または補償しなければなりません。

第7条(本サービスの提供、無保証、変更、中止)

  1. 利用者は、本サービスを利用するにあたり、必要なパーソナルコンピュータ、携帯電話機、通信機器、オペレーションシステム、通信手段および電力などを、利用者の費用と責任で用意しなければなりません。
  2. 甲は、本サービスの提供を受けることができる利用者を、会員登録の有無、年齢、ご本人確認の有無、その他、甲が必要と判断する条件を満たしたお客様に限定することができるものとします。
  3. 甲は、本サービスに甲または第三者の広告を掲載することができるものとします。
  4. 甲は、甲が必要と判断する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更し、また、その提供を中止することができるものとします。
  5. 甲は、本サービス(本コンテンツを含みます。)に事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みますが、これらに限りません。)がないことを保証しておりません。甲は、利用者に対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。
  6. 甲は、利用者が本規約に違反して本サービスを利用していると認めた場合、投稿コンテンツの削除、アカウントの停止または廃止、権利者に対する違反利用者情報の開示等甲が必要かつ適切と判断する措置を講じます。この場合、利用者は、甲に対して、何らの損害賠償または損失補償を請求することができないものとします。なお、甲は、利用者および第三者に対して、利用者その他の者が本規約に違反しないことを保証するものではありません。また、甲は、利用者および第三者に対して、かかる違反を防止または是正する義務を負いません。

第8条(甲の責任の免除)

  1. 甲は、本サービスに起因して利用者に生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する甲と利用者との間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、本項の免責規定は適用されません。
  2. 前項ただし書に定める場合であっても、甲は、甲の過失(重過失を除きます。以下、本項において同じ。)による債務不履行または不法行為により利用者に生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(甲または利用者が損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また、甲の過失による債務不履行または不法行為により利用者に生じた損害の賠償は当該利用者が当該本サービスの利用に際して当該損害が発生した月に費消した回線費用の額を上限とします。
  3. 本サービスに関する甲と利用者との間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、当該本サービスの隠れた瑕疵により利用者に生じた損害を賠償する甲の責任の全部を免除するものではありません。この場合の損害の賠償については、甲が当該利用者から当該損害が発生した月に受領した金額を上限とします。

第9条(利用者の義務)

利用者は、広告プログラムを提供する事業者の定める各種規約及び本件支払サービスを提供する事業者の定める各種規約の内、甲又は利用者に適用があるもの(以下「本件他社規約」といいます。)について、全て同意するものとし、利用者に本件他社規約が適用された場合に負うこととなる義務の一切を遵守するものとします。

第10条(退会、利用停止等)

  1. 甲は、利用者が本規約に違反しまたは違反するおそれがあると認めた場合、あらかじめ利用者に通知することなく、本サービスの利用を停止または廃止することができます。この場合、利用者は、甲に対して、何らの損害賠償または損失補償を請求することができないものとします。
  2. 甲は、本サービスの利用の停止または廃止を受けたことのある利用者が、再度アカウントの登録を行おうとする場合に、甲の判断で、登録を拒絶することがあります。利用者は、甲のこの判断について、異議を述べないものとします。
  3. 他の事業者が提供するアカウント(以下「他社アカウント」といいます。)で本サービスにログインする利用者は、当該他社アカウントが削除される等により、当該他社アカウントがこれを提供する事業者によって認証されなくなった場合、当該他社アカウントにより本サービスにログインして、本サービスを利用することはできなくなりますのでご注意ください。

第11条(通知または連絡の方法)

  1. 本サービスに関する甲から利用者への通知または連絡は、甲が運営するウェブサイト内の適宜の場所への掲示その他、甲が適当と判断する方法により行ないます。
  2. 本サービスに関する利用者から甲への通知または連絡は、甲が運営するウェブサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームの送信または甲が指定する方法により行っていただきます。

第12条(個別利用規約との関係)

  1. 本サービスに関して、本規約とは別に「利用規約」、「ガイドライン」、「ポリシー」などの名称で甲が配布または掲載している文書(以下「個別利用規約」といいます。)がある場合、利用者は、本規約のほか個別利用規約の定めにも従って本サービスを利用しなければなりません。
  2. 個別利用規約と本規約とで矛盾する内容が規定されている場合、矛盾する箇所に限り、個別利用規約の内容が優先して適用されます。

第13条(本規約等の変更)

甲は、甲が必要と判断する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、いつでも、本規約および個別利用規約を変更できるものとします。変更後の本規約および個別利用規約は、甲が運営するウェブサイト内の適宜の場所に掲示された時点からその効力を生じるものとし、利用者は本規約および個別利用規約の変更後も本サービスを使い続けることにより、変更後の本規約および適用のある個別利用規約に対する有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。かかる変更の内容を利用者の皆様に個別に通知することはいたしかねますので、本サービスをご利用の際には、随時、最新の本規約をご参照ください。

第14条(準拠法、裁判管轄)

本規約は日本語を正文とし、その準拠法は日本法とします。本サービスに起因または関連して利用者と甲との間に生じた紛争については東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。かかる管轄裁判所で得られた勝訴判決は、いずれの国の裁判所においても執行可能とします。

以上